JLPTオンラインハーフ模試 説明会レポート

最終更新日


日本語能力試験(JLPT)の模擬試験がPC・スマートフォン・タブレット端末などで手軽に受けられる新しいサービスをアスク出版がリリースしました。今回は、にほんごの凡人社麹町店さんで行われたリリース記念説明会の様子をレポートします!

index

リリース説明会概要

にほんごの凡人社麴町店さんでリリース説明会を行いました。当日は、テレビショッピングにも出演したことのある弊社の大上から「JLPTハーフ模試」の特徴や活用法の紹介がありました。

その模様はコチラから↓

   【JLPTハーフ模試 YouTube動画目次】
     00:00~   特徴① PC・スマホでオンライン受験
     04:25~   特徴② 全レベル90分以内で受験可能
     08:45~   特徴③ 料金・期間・最小ID数
     21:47~   特徴④ 自動採点で苦手分野を把握
     26:48~       操作方法
     38:42~       いろいろな活用方法
     40:19~       教師用 管理者ページの特徴
     43:54~       学習レポートデータ
     48:00~       解説授業の方法

当日は日本語教師の方々が約20人ほど来場され、質問タイムには様々な質問が飛び交いました。今回は、その中から7つの質問をピックアップしてご紹介します!

Q1.JLPTオンラインハーフ模試って何?

日本語能力試験(JLPT)の模擬試験がPC・スマートフォン・タブレット端末などで手軽に受けられる新しいサービスです。これまでの開発ノウハウを生かし、操作性を高めました。インターネットとインターネットにつながる機器があれば、それでOK!

Q2.ハーフって?

問題数・試験時間が約半分で、N5~N1までの全レベル1回90分以内で受験することができます。

Q3.問題はどうつくられているの?

『日本語総まとめ』『TRY!日本語能力試験 文法から伸ばす日本語』『日本語能力試験 模試と対策』Amazonリンク)など、JLPT書籍でも評価の高い語学出版社の提供する模試ですので、安心です。質の高い厳選された問題に挑戦することができます。

Q4.模試のテキストと同じじゃない?

「JLPTオンラインハーフ模試」は、完全新作です。過去の問題の焼き直しではありません。

 さらに! 第1弾「問題セットA・B」 4月リリース

      第2弾「問題セットC・D」 5月リリース

      第3弾「問題セットE・F」 2019年秋ごろリリース  

となっており、今年の秋までに1レベルあたり、6回分の模試が受験可能となります。JLPTは7月・12月の年2回の試験ですので、試験前に毎月新しい試験問題に取り組むことができます。

Q5.採点は誰がするの?

受験結果は科目受験後、瞬時に判定されるので、先生方の採点の手間がありません。

また、学習者ごとの得点・解答データ・受講者平均点などをExcelデータでまとめ、ご提供! 面倒なデータ入力をスキップし、学習者の弱点を簡単に把握できます。

Q6.どんな風に活用できるの?

本試験前の力試しとして、また、クラス分けテストとしても活用可能!

さらに継続利用することで、学習者のレベル推移を把握することができます。

Q7.でも高いんじゃ…

現在、リリース記念・サービス価格

   「学習者 お1人様1レベルにつき500円(税別・1ヵ月使い放題)」でご案内中!

1回500円じゃないんです。1ヵ月500円です。模試は1回解いたら終わりではありません。何度も解き直したり、先生方の解説授業の際にもお使いいただけるよう、1ヵ月使い放題の定額制になりました。

参加者の反応

会場ではこのほか、実際にみなさんに体験版に触れていただき、操作性を体感いただきました。会場からは「わー、すごい!」、「便利ねぇー。」というお声があがり、「ぜひ導入したい。」と好評でした。

   ぜひみなさんも一度、「JLPTオンラインハーフ模試」を体感してみませんか。

お問い合わせ

さらに詳しい情報は、こちらをご覧ください。


シェアする